家庭でできる省エネは? なにから始めたらいいの? SAPPORO 未来デザイントーク 10人のエバンジェストが語る 持続可能なライフスタイルへの転換 インタビュアー 菅井貴子(すがいたかこ)北海道文化放送「みんテレ」出演中気象予報士・環境エコリーダー等

青地 絢美(あおち あやみ)

環境省 北海道地方環境事務所
環境対策課 課長補佐

北海道大学工学部環境社会工学科卒業後、環境省へ。廃棄物部局、国土交通省(出向)、福島地方環境事務所を経て、2021年5月より現職。
北海道の地球温暖化対策施策に関して幅広く活動している。国民・消費者の行動変容や、ライフスタイル変革に関する普及啓発のほか、市町村や企業が実施する地球温暖化対策についての補助金等相談対応、勉強会等での講演を行なっている。

未来の地球のために、ちょっとずつ“脱炭素”

カーボンニュートラルって?

環境省は「2050年カーボンニュートラル」の実現に向けて、いろいろな取り組みを進めています。そもそも「2050年カーボンニュートラル」とは、どんなことでしょうか。

CO2排出量=CO2吸収量

ひと言でいうと、「CO2の排出量と吸収量をイコールにしましょう」ということ。今は人間の社会活動のなかで多くのCO2が出ている状況なので、まずCO2を出す量を減らすことが大切です。植物が光合成などによって吸収するCO2の量と、人間が出すCO2の量を一緒にすると、空気中にCO2は増えません。その状態を2050年までに達成しましょうという目標が「2050年カーボンニュートラル」です。

「2050年カーボンニュートラル」CO2排出量=CO2吸収量

脱炭素しないと、どうなるの?

気温が上昇、健康にも影響

一概にはいえませんが、一番実感しやすいのは気温の上昇だと思います。10年前の札幌は夏場にエアコンを使わなくても過ごせましたが、最近は使わないと辛い状況です。全国的に見ると気温40℃を超える猛暑日が増え、熱中症などのリスクが増えています。そのほかにも、気象変動による大雨や台風などの災害の増加が予測されています。

地球温暖化はなんで起こるの?

食べ物にも変化が

北海道では今までとれなかった魚、例えばブリがとれるようになりました。良いことのように思うかもしれませんが、反対に今までとれていた魚、イカやサンマ、サケなどが少なくなる、という状況になっています。農業では、お米やミカン、リンゴなどの農産物の品質に影響が出たりしています。ほかにもいろいろな影響があると思いますが、このまま人間の社会生活を続けていけるかどうか、身近に危機が迫っていると思います。

既に起こりつつある/近い将来起こりうる気象変動の影響

快適に暮らしながら、気軽に脱炭素

CO2を減らすデ(DE)+エコ(Eco)活動=デコ活

環境省が進めている「デコ活」は、CO2を減らすデ(DE)と、環境に良いエコ(Eco)、活動・生活の組み合わせた言葉で、脱炭素を意識した生活を広めていく取り組みです。「デコ活」の名称は、みなさんからの公募で決まりました。

環境省が進めている「デコ活」

脱炭素と快適を両立

これまで環境省は「室温は夏季28度を推奨」と呼びかけてきました。でも、最適な温度は部屋の広さや人数などによって違うので、一律に28度とはいえませんよね。脱炭素のためにガマンするのではなく、脱炭素と快適な暮らしを両立させるのが、「デコ活」です。例えば、高断熱・高気密性能が高い住宅は冬暖かく、暖房のエネルギーが少なく済むので、脱炭素にもつながっています。ふだんから頭の片隅に脱炭素を置いて生活すると、「デコ活」につながるのではと思います。

暮らしが豊かになり、脱炭素に貢献していくものはすべてデコ活

デコ活アクション

エアコンを買う時に高効率な製品を選ぶと、それだけで節電、脱炭素になります。最初に選択するだけで脱炭素になるので、ぜひ気軽に取り入れていただきたいと思います。また、エアコンの温度設定を上げ下げする前に、服装で調節することも脱炭素につながります。それから、地元産の食材を選ぶ、食材を残さず食べる、必要なものを必要なだけ買うことも脱炭素につながります。宅配便の再配達をくり返すとCO2が多く出てしまうので、1度で受け取る、宅配ボックスを活用するなどもそうです。商品やサービスについて、CO2がどこで出るのか思いをめぐらせてみると、「ここを変えると脱炭素につながる」という発想が生まれると思います。

【関連リンク】
・「デコ活」ウェブサイト https://ondankataisaku.env.go.jp/decokatsu/

脱炭素につながる新しい豊かなくらしの10年後

楽しい気持ちを大切に

「やらなきゃダメ」を「楽しいからやろう!」へ

先日、ギャルのユニークな発想でブレインストーミングするという「ギャル式ブレスト」に参加し、脱炭素は「真面目すぎてつまらない」「やらなきゃと言われて気が滅入る」「もっと楽しいことがしたい」といった率直な感想をいただきました。そこでぜひ、「楽しいこと」をみなさん自身で考えてもらえたらと思います。ゲームでもファッションでも、自分が好きな分野で「こうしたら楽しいな」と思うことに、少しだけ「これって脱炭素になる?」という要素を入れていただけたらと思います。

CGO .comプロジェクトが展開する「ギャル式ブレスト」とは
ゼロカーボン✖️ギャル式ブレスト

脱炭素を続けるコツは?

わたしはやや稀有な人間かもしれませんが、脱炭素行動をすることが好きで、例えばエレベーターやエスカレーターではなく、階段を選ぶだけでも「今日はちょっと地球に良いことした」と思ったり、そう思うこと自体が好きなんです。
脱炭素はダイエットのマインドに近いと思います。やらなきゃいけないけど、継続するのが億劫だったり、面倒だったりしますよね。でもみなさんがどうやって続けているかというと、将来のきれいな自分を想像してモチベーションを保ち、毎日できることを少しずつ頑張って、自分をほめて継続しています。脱炭素もそれによく似ていて、少しでも地球に良いことができたと思った時は思いきり自分をほめてあげて、モチベーションを上げてほしいと思います。
ダイエットに限らず、いろいろなポイントを集めるのが趣味の方は、脱炭素とポイント集めが似ていると思うかもしれません。「脱炭素はこれと近いかも」「それなら続けられそう」と思うことを見つけ、未来の地球のために少しずつ脱炭素を取り入れてみてはいかがでしょう。もし何かを選ぶ時、「こっちのほうが脱炭素で、これくらいの値段だったらこっちを選ぼう」くらいの気持ちで。ちょっとでも、そういうマインドを持っていただければうれしいです。

「省エネコラム一覧」はコチラ!